アクセス解析
カウンター
ペットは大切な家族です、病気の予防と治療で長生きしてもらいましょう。
 

犬や猫の尿結石ができる病気を尿石症といいます


犬や猫が痛がったり苦しがったりの症状で、猫や犬の病気のひとつに「尿結石」(尿石症)があります。症状は血尿や排尿障害などで、放置し続けると慢性の膀胱炎になり、尿道の狭窄・閉塞などを併発します。尿結石を放置すると、慢性の膀胱炎、肝機能低下などを引き起こし、急性腎不全で死亡することもありえます。

    

結石
猫や犬の病気のひとつに「尿結石」(尿石症)があります。
症状は血尿や排尿障害などで、放置し続けると慢性の膀胱炎になり、尿道の狭窄・閉塞などを併発します。
尿結石を放置すると、慢性の膀胱炎、肝機能低下などを引き起こし、急性腎不全で死亡することもありえます。

結石で動物病院に行くと、まずはミネラルウォーターは与えないで下さい」と言われるはずです。
尿結石に関して言えば、「百害あって一利なし」これがミネラルウォーターなのです。

では、ミネラルが初めから入ってない水を飲めばいいのでは?
その通りです。


水道水はどう?

だったら水道水はどうでしょうか?

言うまでもなく塩素やカルキトリハロメタン環境ホルモンなどの有害物質が含まれており、
結石とは別の問題を多く抱えています。
浄水器を使っても、完全に除去できるかは疑問です。


なんとミネラルウォーターはペットの大敵!?

「ミネラルウォーター」という言葉は、いまや日常的に使われていますが、
その
「ミネラル」が必ずしも健康に役立つとは限りません

むしろ、悪さをすることもあります。

「ミネラル」を過剰に摂取すると、
ミネラルが尿の中に溶け切れず、体の中で石になることがあります

人間にも同じようにできる可能性がありますが、ペット、とりわけ猫は尿の量が少ないので、

*ミネラルウォーターを飲み続けると、尿結石の危険が高くなるのです。
「安心・水」は 3回、ろ過し、ミネラルや不純物を99%以上除去した“純水”です。
ペットの結石予防に最適な水。それが「安心・水」ミネラル・ゼロです。
「ミネラルウォーター」という言葉は、いまや日常的に使われていますが、
その「ミネラル」が必ずしも健康に役立つとは限りません。

むしろ、悪さをすることもあります。

「ミネラル」を過剰に摂取すると、ミネラルが尿の中に溶け切れず、体の中で石になることがあります。

人間にも同じようにできる可能性がありますが、ペット、とりわけ猫は尿の量が少ないので、

【お試し用】ペット用 飲料水「安心・水」ミネラル・ゼロ 2000ml×1本(送料無料)  400円
【お試し用】ペット用 
下は携帯
 







戻る

*ミネラルウォーターを飲み続けると、尿結石の危険が高くなる
のです。

1円で ノートパソコンをゲット 

携帯でもPCと同じように簡単にヤフーでサイト検索、QRコードを読みとるだけ 

携帯でもPCと同じように簡単にグーグルでサイト検索、QRコードを読みとるだけ
  

 
建築の板金工事なら(有)エービー工業におまかせください。リフォーム・新築工事(施工地域は新潟県中越下越・特に新潟市全域





 プライバシーポリシー 

ご意見・ご要望はこちらに