アクセス解析
カウンター

保険会社を切り替えるタイミングと方法を説明


自動車保険や保険会社を切り替えるタイミングはいつが最適?、現在契約の満期日を境とする場合、新車や別の自動車にする時に切り替えする場合、任意の期日を境に切り替えする場合、保険期間をダブルらせることはできません、事故がなかった場合、事故が1回(2回含む)あった場合、保険期間の通算特則。切り替え日を次の保険の始期日。

自動車保険や保険会社を切り替えるタイミングはいつが最適?

以下の場合が考えられます。
  1. 現在の契約の満期日を境に保険会社(共済)を切り替え(のりかえ)する。
  2. 乗っている自動車を新車や別の自動車にした時に切り替えする。
  3. いつでも良い任意の期日を境に切り替えする。

いちばん一般的に多いのは 1.の満期日です。

 

1番の現在契約の満期日を境とする場合

満期日を境とする場合でも、切り替え後の会社への申込み手続きは3〜4ヶ月前から可能です。
満期日前なので、この一年間の事故歴は見込みで契約ということになります。

一年間が無事故であれば、割引等級は1つ上に昇格です。
   「例」  今11等級であれば、次契約は12等級になります。 
        20等級より昇格はありません 

一年間に事故があった場合は、事故の形態により取扱が分かれます。(下方で説明)

 

2番の新車や別の自動車にする時に切り替えする場合

新車や別の自動車に切りかわる日を切り替え日にするのが良さそうです。
この場合も事前に次の保険会社保険の内容について決めておく必要があります。
事前に現在契約中の保険会社や代理店に解約の申し出をします
保険会社によって多少取り扱いが違うこともあるので、できたら1週間ぐらい前がお薦めです。
この時に切り替え日が非常に大切です。
新車あるいは別の車の納車日をはっきりさせておきます。
切り替え日をしっかり通告して手続きをお願いします。
ここで注意が必要なのは、保険期間をダブルらせることはできません。後で面倒になります。
空白の期間ができることも好ましくありません。(保険会社の扱いが違うことも)
保険料の精算手続きも必要です。年払いで契約していた場合はたいてい短期率計算、月払いの場合は月割り計算だそうです。保険会社を切り替えする場合には日割り計算はなさそうです。

無事故等級割引の継承条件は現在の契約をそのまま使うことが普通ですが、この間に事故があった場合にはちょっと違う扱いになります。

事故がなかった場合

解約の方は予定通り上記のように解約します。
新契約は最高の20等級でなかったら(19等級以下)、保険期間の通算特則を適用してもらい、ひき続き新保険で残りの保険期間を無事故で消化していく。
結果として無事故割り引き等級が一つアップすることになります。
もし事故があっても、もともとですからそれでやむを得ない。

事故が1回(2回含む)あった場合

切り替え日を次の保険の始期日にする。
無事故割引等級がダウンするので保険料は高くなってしまうが、無事故割引等級が進行するのも早いのでこの方が懸命でしょう。

3番の任意の期日を境に切り替えする場合

2番の手続きに準じて行えば良いと思います。

 

 

 

 《 サイトマップ 》  
 
 
このサイトを閲覧時のご注意
各保険会社で約款や取扱が異なりますので、正確な情報を確認することをお薦めします。
また、わかりやすくを第一に記述している為に、表現方法などが適切でない部分もあるかもしれません、保険会社の説明や約款などで確かめてください。

このサイトをご覧になった方が不利益などを被ったとしても、作成者は一切の責任を持ちません。



自動車保険の一括見積をして比較してみる



いろんな無料一括見積や切り替え方法を見る

一括見積の良いところは、手軽に簡単に安くて効率の良い保険を見つけることができます。

保険会社などで一律ではありませんが、たいていの場合は保険料の節約になるようです。
もし、保険料を節約することができたら、他で有効に使えますね。

   
こだわりのプレゼントなどを見る
 


ご意見・ご要望はこちらに


Copyright(C)   自動車保険・生命保険・医療保険の切替とのりかえ研究サイト  All Rights Reserved