∵抜毛症(トリコチロマニア)とは∵



抜毛症(トリコチロマニア)とは、正常な毛を引き抜いてしまう性癖(くせ)によって頭部に脱毛斑が出現する精神的疾患。

円形脱毛症だと思っている人が、実は抜毛症であったというケースも多いという。

一説によると人口の0.5〜2%が抜毛症だとされる。
しかし、医者の考えや判断によってこの割合はかなり変化するため、あまり正確な情報ではない。


この症状を訴える人の大半は10代であるが、成人に達した後でも起こるとされる。
大半は女性である。
頻度としては円形脱毛症の10〜20%であるが、抜毛行為自体は学童期の癖としてはかなり多い。また、家庭や学校での人間関係で悩んでいる場合が多い。
知能低下はないことが多い。大人しい内向的性格に多いとされる。


原因は様々な要素が複合して起こるものとされ、明確な一つの原因はない。かつては、ストレスや不安が主な原因であると考えられていた。
しかし、最近では抜毛症は神経細胞と脳のコミュニケーションの一部に支障があるために起こるという説も有力である。
だが、現段階ではいずれの説も推測の域を越えてはいない。


毛を食べてしまう食毛症を合併している場合がある。
また、抜毛症(トリコチロマニア)の症状としては頭髪のみならず、眉毛や、まつ毛を抜くこともある。

よく患児の悩みを聞くとともに、毛を抜くことを怒ったりせず母親や周囲の人々が温かく接することが大事である。
症状が強い場合、精神科の医師とよく相談することが必要である。

一種の癖で自分の毛を抜いてしまうために、脱毛状態になるものです。
毛自体の病気ではありませんし、抜毛行為を止めれば毛は生えてきます。

たいていは利き手側の頭髪を抜きますが、眉毛などを抜くこともあります。
脱毛部には切られた毛が不規則に残り、ところどころ頭皮を傷めて赤くなっていたり、脱毛部の形は丸くはありません。

どうして抜毛行為をするようになったかを考えてあげることが大切です。
爪咬みと同じように単なる癖のこともありますが、多くは、おとなしい、聞き分けの良い子で、子供なりの精神的ストレスを我慢し、それから逃避するために抜毛行為を始めます。


そのストレスの原因は人間関係や環境の変化が多いのですが、とくに家庭内、中でも母親との関係が問題となることが多いようです。
いずれにしても、周囲の人たちが患児の気持ちを理解して、叱らず、優しく注意するなどして抜毛の癖を止めさせることが大切です。

皮膚科専門医が診れば診断できますので、そのとき医師から患児に話すだけで、たいてい止めてくれるものです。
なかなか止めない場合は、精神科医に相談することも必要。


毛髪の悩み解消 養毛・育毛・カツラ・脱毛


BACK~