. .。.:*・゜゚・*:.。. .。
∵火傷やけどの応急処置は∵
゚・*:.。. .。. .。.:*・゜


やけどの程度は「深さ」と「広さ」で判断する。
「広さ」については、大人なら全身の20%以上、子どもなら10%以上の場合、命が危険になる。範囲が広いようなら迷わず救急車を呼ぶようにしよう。

範囲が狭く軽傷の場合→ 水で冷やし、その後アロエサボテンの粘液を何度も塗ると水ぶくれになったり悪化を止めれます。

範囲がもう少し大きいようなら→ 水で冷やし、滅菌ガーゼで軽くおおって病院へ 。

重傷なら→水で冷やして滅菌ガーゼで軽くおおい、救急車を呼ぶ。

●冷やす目安は15分〜20分
→小さい子どもの広い範囲のやけどの場合、冷やしすぎに注意。冬の時期は、患部以外のところは冷えないよう、毛布や衣服などでくるむとよい。

●衣服を無理矢理ぬがさない
→衣服を着たままやけどをしてしまった場合は、衣服を無理矢理ぬがさず、 衣服の上から水などをかけて患部を冷やすようにする。皮膚と癒着しているところは無理にはがさず、そのまま医師に診てもらう。

●病院に行く前に、自分で包帯をまいたりしない
ばんそうこうや包帯で、患部とガーゼをピッタリくっつけないようにすること


懸賞サイトで当選のしあわせ気分=携帯電話の醍醐味

無料ゲームサイト&有料ゲームサイトで頭の体操=携帯電話の醍醐味

めざせ副収入=携帯電話の醍醐味=いつでも何処でもできる




BACK~